中性脂肪、皮下脂肪、内臓脂肪の違い

中性脂肪、皮下脂肪、内臓脂肪の違い

中性脂肪、皮下脂肪、内臓脂肪、それぞれの違いについて。

 

 

中性脂肪の役割は、人間が身体や心臓を動かすといった生きる上で必要な事のエネルギーは通常の場合ブドウ糖なのですが、何らかが原因でうまく供給されない場合、血液中の糖質が代わりに使われます。
その場合には脂肪細胞に蓄えられていた中性脂肪が分解されて血液中に放出されてエネルギーとなります。

 

 

皮下脂肪は、皮膚のすぐ下にある脂肪の事で、体を温度差やぶつかった時の衝撃から守るなどの役割をしています。
一般的に男性よりも女性につき易いと言われており、一度たまると燃焼しにくく落ちにくいという特徴があります。

 

 

内臓脂肪は内臓を正しい位置に固定したり、内臓や臓器を保護するといった働きをしています。
内臓脂肪は空腹時の即戦力エネルギーなり、溜まり易いと同時に落ちやすい脂肪と言われています。

 

どの脂肪も適度である事が必要で、数値や量が多いと肥満や生活習慣病を引き起こす原因になる事が考えられます。食生活や生活に運動を取り入れて、健康な体をキープして下さい。

 

 

次の記事 ⇒ トマトが脂肪燃焼に効果あり

燃焼系サプリメント

三黒の美酢

http://www.hanna-saku.jp/diet3/af2.html


販売数 100,000袋突破!!

黒酢、黒酢もろみ、黒にんにく、で「三黒」

ダイエット目的の女性に人気なだけでなく

「疲れもとれて集中力もばっちり!」
「体も軽い!モヤモヤもすっきり! 」

と毎日を元気にすごせているという声が多数聞かれる、黒酢サプリ

単品価格
定期コース

2960円

初回半額1,480円